こんにちは!
福岡県京都郡を拠点に、北九州市などの福岡県各地や日本全国で鳶職人による吊り足場などの各種足場工事・解体工事を行っている、株式会社HKです。
解体工事には、持っていないと作業ができない資格と持っていると良い資格があります。
そこで今回は、解体工事に関係する資格についてお伝えしたいと思います!

持っているべき解体工事の資格


まずは解体工事をする上で必須の資格をご紹介します。
どれも実際の作業を行う上で不可欠な資格なので、ぜひ取っておきましょう。

クレーン運転士・玉掛け技能士
高層ビルなどを解体する場合、クレーンの運転技術やクレーンへの荷物の掛け降ろしをする技術が必要になります。
そのため、クレーン運転士や玉掛け技能士の資格は持っておくべきでしょう。
特にクレーン運転士は国家資格でありながら難易度はそれほど高くないので、オススメの資格です。

ガス溶接技能者
高層ビルなどの解体の際、場合によっては金属を切断する必要のある場面も出てきます。
ガス溶接技能者の資格を持っていると金属の切断などの作業が可能になります。
ガス溶接技能者の資格は溶接業界の入門編といった位置づけの資格です。
その他の溶接関係の資格を取得することで、溶接工としてスキルアップも可能です。

持っていると良い「管理技士」系の資格

続いて持っていると役に立つ「管理技士」系の資格についてご紹介します。
現在、500万円以上の解体工事を請け負うには解体工事業の建設業許可が必要です。
建設業許可を得るには主任技術者や監理技術者の常駐が必要です。
主任技術者や監理技術者になれるのが、「管理技士」系の資格を持っている人材です。
土木施工管理技士・建築施工管理技士・解体工事施工管理技士など受け持つ工事の内容によって資格も分かれているので、既に関わっている分野での取得を目指すのが良いでしょう。
簡単に取れる資格とは言えませんが、目指す価値は大いにあります!

解体工を大募集中!

株式会社HKでは、解体工を目指す方の求人を大募集しています!
経験の無い方でも、ベテランスタッフが丁寧に指導をするので、すぐに現場で働くことができます。
豊富な業務量があるので、経験を積みたいという方にとっても最適の現場です!
ぜひお気軽に求人情報からご連絡ください。

解体工事なら、株式会社HKへ!


株式会社HKでは、ただ解体工事を行うだけではなく、近隣環境への負担をできる限り低減するため、産業廃棄物の適切な処理などにも注意を払って業務を行っています。
解体工事でお困りの方は、ぜひ一度お問い合わせください。
お待ちしております!
最後までご覧いただきありがとうございました。


北九州市など福岡県の足場工事は株式会社HK
ただいま足場工事・鳶スタッフを求人中です!
〒800-0323 福岡県京都郡苅田町与原1-2-4
TEL:0930-31-0109 FAX:0930-31-0142
※営業電話お断り